店名 オペラ (Opela

ジャンル イタリアン、アジア・エスニック料理(その他)、バル・バール

住所 北海道札幌市中央区南3条西7 たぬきスクエア 1F

f0362073_10034181.jpg


相方の姪・美女二名とディナーです。

相方は、別な会食に出席のため、このお店はパスして二次会から合流です。

店の雰囲気はカジュワルで、カップルや女子会に向いていると思います。

このお店のメニューが面白い。

基本は、イタリアンかスペイン料理なのですが、東南アジアの料理もあるんです。

ないのは、和食と中華かな。

姪たちは気持ちがいいくらい、よく食べ、よく飲みます。


先ず、真鯛のカルパッチョ

f0362073_09524370.jpg


チーズとハムの盛り合わせ

f0362073_09525954.jpg


パエリア

f0362073_09531690.jpg


ワインは白で攻めてみました。

f0362073_09533828.jpg


春雨サラダ

f0362073_09535543.jpg


フオー

f0362073_09541205.jpg


名前を忘れました。フォーの麺の焼きそばみたいだったと思います。

f0362073_09543922.jpg


イワシとマッシュルルームのアヒージョ

f0362073_09545823.jpg


どの料理も、シェフが丁寧に料理した優しい味です。

姪二人は大満足です。

それにしてもよく食べました。

相方と合流した二次会で、姪たちは興奮気味に「オペラ」の料理が美味しいことを報告していました。


翌日の夕方です。


―― オペラ、行こ! ナシゴレン食べたい。

―― エッ・・・・。ハイ、イイですよ。


そんなわけで、ナシゴレンとブイヤベースです。

f0362073_10082819.jpg

f0362073_10084722.jpg

二日続けて同じ店で食事は三度目かな。


「カレー」と「蕎麦」と「オペラ」。
# by hitoshi-kobayashi | 2019-03-25 07:20 | Comments(0)


桜の便りが聞えてくるのに、札幌は数日前から気温が下がってきました。

昨日、積雪があり、今朝も雪がちらついています。

今年は雪が少なく、車のタイヤ交換も考えていたのですが、先に延ばしました。

まだ、油断できません。


2019324日 1830頃の札幌です。

f0362073_07195715.jpg

f0362073_07201458.jpg

f0362073_07202932.jpg

f0362073_07204457.jpg



# by hitoshi-kobayashi | 2019-03-24 08:00 | Comments(0)

美味しいとの噂は聞いていました。

友人の新居訪問のお土産にと同行の美女2名がゲットしてくれました。

滑らかな大量のクリームをこれまたきめの細かい・滑らかなスポンジで巻いています。

4個のケーキをシェアしていただきました。

これは、美味しいです。ロールケーキのイメージが変わります。

遅ればせながら、スイーツの美味しさに目覚めたのかもしれません。

初めての堂島ロールですので、記念写真を撮りました。

f0362073_13491313.jpg


f0362073_13492789.jpg

f0362073_13494146.jpg

f0362073_13500141.jpg

f0362073_13501742.jpg


# by hitoshi-kobayashi | 2019-03-23 08:00 | Comments(0)

この作品は、大通公園の南に面した「小学館ビル」の入口に設置されています。


作品名 「白いたまご」

制作者  安田侃

設置場所 北海道札幌市中央区大通西7丁目2-13 小学館ビル入口

f0362073_10400010.jpg


f0362073_10401861.jpg

f0362073_10403952.jpg

f0362073_10405339.jpg

f0362073_10411148.jpg

このビルは、オフィスとして室やフロアを貸しているようです。

このピラミッドを通つて、このビルに出入りします。

なんとも不思議な構造です。

ビルに出入りする人たちの運気を上げる効果があるのでしょうか?

札幌には安田侃の作品がたくさんあります。

美唄市に安田間の彫刻美術館があります。そこに行く事が、今年の予定の一つです。


安田侃プロフィール



# by hitoshi-kobayashi | 2019-03-22 08:00 | Comments(0)

広島・長崎から遠い北海道札幌市に原爆資料館があります。


AboutNo More Hibakusha Hall

ノーモア・ヒバクシャ会館

札幌市白石区平和通り17丁目北67号   011-866-9545

f0362073_08541185.jpg



設立の詳しい経緯は解かりませんが、1974年被爆者・故定安正巳さんの提案から始まりました。1982 年ノーモア・ヒバクシャ会館建設委員会が発足、本格的に募金活動が開始しました。しかし難問山積のため計画は遅々として進みませんでした。1991年篠田トシ子さんの多額の寄付が募金活動を後押しし、民間だけの力で設立に至りました。

私はこの資料館の存在を全く知りませんでした。313日が作家・原民喜の命日あることから、ふとインターネットで「札幌 原爆」で検索して知りました。

建物は三階建て。一階は事務所、二階は資料展示室、三階は研修室となっています。

年輩の男性に案内していただきました。子供の時に広島で被爆され、その後父親仕事の関係で、北海道に渡って来たそうです。

―― 見学が終ったら、お茶でもどうですか?

のお誘いを受けて、事務所でさらにお話を聞くことができました。

原爆は、194586日午前815分広島市に投下されました。この方は広島の爆心地から2km以内に住んでいました。この日はお父さんが不在で遅い朝食となり、朝食の前に庭で数人の友達と遊んでいたそうです。


―― 朝ごはんですよ。中に入りなさい。(お母さん)

―― ハイ

―― 朝ごはん早く食べて、また遊ぼう。(友達)


家に急いで入り、食卓で朝食を食べていると、突然の光と衝撃。

家は崩壊。この方は倒れた柱がXに組み合わさった下にいたため、這い出ることができたそうです。外の友達は亡くなったそうです。

被爆者手帳を見せていただきました。被爆程度は、爆心地から被爆した場所の距離で、4つの段階に分かれています。この方は一番爆心地に近いところに〇がありました。

私は、被爆者の方からお話を聞いたのは初めての経験です。

淡々と話されるのですが、そのことでかえって悲惨な状況が目に浮かび、私は言葉が見つからず、会話をすることができませんでした。

たくさんの知らないことを教えていただきました。

資料館はJR平和駅の直ぐ近くです。

f0362073_08462814.jpg

f0362073_08464409.jpg



f0362073_08470063.jpg

f0362073_08471623.jpg

f0362073_08544050.jpg

f0362073_08550295.jpg



f0362073_08552028.jpg





# by hitoshi-kobayashi | 2019-03-21 08:00 | Comments(1)