人気ブログランキング |

十勝・帯広 「駆け足観光」 いい天気でした。

札幌市から十勝・帯広市まで高速道路を走る都市間バスで移動しました。

これが安くて快適です。クセになりそうです。


雲海で秘境ムードを演出しているトマムリゾートのホテルです。

f0362073_03155991.jpg

私は一度も言った事がありませんが・・・

日高山脈を高速道路で抜けると、十勝平野が広がってきます。

f0362073_03163672.jpg

f0362073_03165560.jpg


この辺りは牧場が多く、ホルスタインが放牧されています。


帯広でレンタカーを借り、隣町の芽室町の畑を見学です。私は畑を観るのが大好きです。

今年は雨が多く、気温の低い日が続いていたので、作物の生育はやや遅れているようです。

秋まき小麦です。そろそろ収穫が始まります。

f0362073_03172151.jpg


長芋です。長芋は蔓性なので、受光をよくするためにネットに蔓を巻き付けます。

まだまだ蔓の伸びが足りません。収穫は11月~12月か翌春。

f0362073_03181234.jpg


馬鈴薯です。品種によって濃い紫から白まで花の色が違います。

f0362073_03184438.jpg

カワイイ花ですね。

男爵、メークインだけの時代が長かったのですが、近年新品種の栽培面積がが拡大しています。


豆畑です。小豆、大豆、手亡、金時など、十勝は豆の大国です。

f0362073_03192634.jpg



スイートコーンです。気温が低かったので、生育が遅れているようです。

芽室町は国内でスイートコーン面積を誇っています。

f0362073_03200428.jpg


帯広の街を少し紹介します。

帯広駅です。駅前には数頭の鹿の銅像があり、ノンビリした雰囲気を作り出しています。

f0362073_03203197.jpg


双葉幼稚園 双葉幼稚園は、1911年に帯広ではじめての幼稚園として誕生。

とても趣のある建物です。重要文化財に指定され、現在は使用されていません。

f0362073_03205239.jpg


十勝信用金庫(旧安田銀行帯広支店)昭和8年(1933年)築。

f0362073_03211982.jpg


道東唯一のデバート「藤丸」。デパートの前身は大きな呉服店でした。お客が減少しているようです。

f0362073_03213936.jpg


六花亭本店。六花亭の前身は帯広千秋庵ですが、暖簾を返して独立したと聞いています。

f0362073_03221802.jpg


この広場は50ha以上の面積の帯広緑が丘公園の一部で、グリーンパークと呼ばれています。面積は5ha、遊具がない芝生だけの空間です。市民の憩いの場です。グリーンパークの端には400mのベンチが市民の協力で設置されています。

f0362073_03224993.jpg


今晩の食事は、左手前の店「龍馬」

f0362073_03232186.jpg


昔は、この界隈はとても賑やかな繁華街でした。今は寂しいですね。

でもこの雰囲気は、昭和の匂いがして、私は大好きです。

「龍馬」で友人と酒をのみ、美味いマグロを食べ、語り合いました。

帯広の夜は更けていきます。二次会はお馴染みのカラオケスナックに決まっています。


by hitoshi-kobayashi | 2018-07-24 08:00 | Comments(0)