ギリヤーク尼ケ崎 青空舞踊公演 感動

2018826日に札幌丸井今井前の路上がホコ天になり、13時から大道芸人ギリヤーク尼ケ崎の青空舞踊公演がありました。

踊る舞台はチョークで路上に円形に書かれ、開演の1時間前には人だかりができていました。

前の列はシートを持参して、座って開演を待っています。

f0362073_10560378.jpg

私は、ギリヤーク尼ケ崎の踊りを見るのは初めてなので、少し緊張し、少し興奮しています。

これが舞台のセッティングです。幟の前に小さな写真があります。

f0362073_11082150.jpg


ギリヤーク尼ケ崎を待つ人波は、円形の路上舞台を幾重にも取り巻いています。


いよいよギリヤーク尼ケ崎の登場です。なんと車椅子で登場です。

ギリヤーク尼ケ崎はパーキンソン病・脊柱管狭窄症であることを明かしています。

拙い私の言葉より写真の方が雄弁です。

f0362073_10574182.jpg

f0362073_10583245.jpg

f0362073_10590674.jpg

f0362073_10593338.jpg

f0362073_11002137.jpg

f0362073_11010998.jpg

f0362073_11012917.jpg

手にしている写真は奥さんらしいのです。

よく聞き取れなかったのですが、空に向かって、札幌で無事にたくさんの人の前で踊ることができたことを報告していました。

若い時はもっと素早く・美しく・激しく踊ることができたのでしょうが、もう彼の体はそのような状態ではないのでしょう。それでも、彼は車椅子からおり、円形の路上舞台を必死に踊りまわります。

踊りのことは分かりませんが、ギリヤーク尼ケ崎の湧き上がる情念が彼の体を突き動かしています。

―― (なぜ、この人はこんなに踊るんだろう。)


涙ぐんでいる自分に驚きました。

f0362073_11042033.jpg


by hitoshi-kobayashi | 2018-08-28 08:00 | Comments(0)