号外 携帯を替えました。

私は、もともと電話を掛けたり受けたりが少なく、Eメールもほとんど使いません。

スマホを持っているときは、lineができるのが嬉しくて、情報も撮りやすく便利だと思っていました。ところが何故かline通信ができなくなり、一方でスマホがもつ様々な機能に私の脳みそがついて行けないことに気が付きました。

使えない機能にお金を浪費することはないと、スマホからガラケイに替えたのが二年ほど前です。世の中の趨勢に遅れるのではないかと、不安もありましたが、今のところ全く問題ありません。遅れてもいいのです。

ところが最近突然、迷惑メールや電話番号の表示が「通信不可能」のオドロオドロシイ文字となっている電話がたくさん入るようになりました。さらに番号は表示されるのですが、番号を見ると海外からの電話らしいものまで入り出しました。

勿論、心当たりはなく、メールは破棄、電話には出ません。

しかし、一日に20本以上の迷惑メールと20回以上の「通信不可能」が来ると、着信音では必要なメール・電話との区別ができないので、一回ずつ確認・拒否することになります。さすがに面倒になってきました。

一大決心で、携帯の更新のため大手の電気屋に行きました。

11時に入店。待ち時間30分。それから、担当の方に事情を説明。

今持っている携帯では「通信不可能」・迷惑メールの拒否は解決できないらしいことが分かりました。
決断は早い!


―― それじゃ、新しくします。


現状の契約の確認、解約金の発生、新しい契約条件の確認、新携帯の型の選択、機能の説明、暗証番号、パスワードの設定などなど、担当の方はとても親切です。ただ日本語とは思えない意味不明な単語の連続に、老化は、足からではなく頭から始まり、それもかなり早く進んでいると認識しました。

新しい携帯は新規で購入・契約となり、その手続きはこの大型電気店でできるのですが、古い携帯の解約は〇〇ショップでなければできないと言われました。一回で済むと思っていたのに‥‥

契約はできるが、解約ができない。これも理解できませんでした。


―― どうしてですか?


の質問には、


―― そうなっています。

―― ハイ、そうですか。


〇〇ショップでも待ち時間40分。

契約・解約がすべて完了したのは1430分。疲れました。


最後に一言。大型電気店の方も、○○ショップの方もとても親切でした。

私がついていけない内容を何度も繰り返し丁寧に説明してくださいました。

ついていけない私の老化に問題があります。

ありがとうございました。


昼食に入ったテレビ塔地下の定食屋です。携帯のカメラで写しました。

f0362073_06364745.jpg


カメラの機能は新しい携帯が優れているようです。これは嬉しい。

ネギ豚定食 700

f0362073_06371481.jpg



Yahoo!
の知恵袋から

非通知というのは、相手の方が、自身の電話番号を相手に教えない様にする設定にしている携帯から掛けた場合の表示です。


通知不可能というのは、多くは、国際電話の場合ですが、掛けてくる側の電話機、もしくは、契約電話会社の方で、海外と日本国内の電波の信号の違いなどで、番号が通知出来ない様になってしまっている場合で、その回線を通して掛けてきた場合の表示です。現状では、打開策はない様ですね。


追伸

おかげさまで、今日は静かな時間を過ごしています。




[PR]
by hitoshi-kobayashi | 2018-09-20 08:50 | Comments(0)