人気ブログランキング |

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻

帯広美術館の前にドーンと大きな彫刻があります。何度も見ているはずですが、女性像であることに気がつき、驚きました。勝利の女神像でしょうか。

エミール・アントワーヌ・ブールデル「勝利」

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17005691.jpg


街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17003621.jpg


エミール・アントワーヌ・ブールデルの作品が、道立旭川美術館、道立函館美術館、道立帯広美術館にあります。


板東優「大地と夢想」(1982.10.24設置)。

百年記念館の外です。池側入口の右に置かれています。

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17021542.jpg

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17023394.jpg

1952年生、東京造形大学彫刻科在学中にローマに渡り、ローマアカデミアエミリオ・グレコ教室にて学ぶ。現在は北海道河東郡音更町にアトリエを持つ。


松井裕康「躍進」

同じく外の左に置かれています。松井裕康を調べたのですが、解りませんでした。

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17031071.jpg

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17032720.jpg


創原環境芸術研究会「のぞみ」

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17044091.jpg

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17050351.jpg

堂々とした裸婦像です。

百年記念館の玄関を入ると真正面に置かれています。一瞬たじろぎました。

創原環境造芸術研究会とは、富谷道信、飯田和幸、武田伸一、楢原忠司、村田生子、村本真紀子が、参加していた記録がありました。

富谷道信(193584)は、十勝の抽象彫刻の先駆者だそうです。


百年記念館の前庭で出会った「エゾリスくん」です。

首輪が見えます。管理されているのでしょうか。
街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17061691.jpg

雨の中、池のはしけで休む「鴨」です。

街角美術館 帯広美術館、百年記念館で出会った彫刻_f0362073_17063903.jpg

by hitoshi-kobayashi | 2019-10-16 08:00 | Comments(0)