人気ブログランキング |

―― 土曜日、何も予定がないの。どこか行きたい。

―― いいよ、どこがいいかな。

―― ・・・・・・・江別!

―― どうして、江別?

―― 大きな蔦屋があるの。行ってみたい。本だけでなくて、雑貨もあり、食事もできるんだって。

―― ハイ。

―― おいしいお蕎麦も食べたい。温泉も行きたい。探して!

―― ハイ。宿題多いな・・・・・・

そんな訳で、札幌の隣町・江別市へ小旅行(?)です。

10時出発。愛車のカーナビのお姉さんと私達は仲が悪いのです。一般道で行くつもりなのに、無理矢理高速を走らされ、相方は、カーナビに向かって怒っています。

―― 乗らなくてもいい高速料金の310円が面白くない。返せ!


先ず、お蕎麦屋さん。ネットで目に留まった不思議な名前です。

店名 サラセン人の麦(サラセンジンノムギ)

ジャンル そば

住所 北海道江別市新栄台6-2

f0362073_17051842.jpg

ソフトクリームのお店のような可愛い外観です。店内も明るくて清潔。

感じのいい女性店員さんが二名。奥の厨房に男性がいるようです。

11時の開店早々なので、私達が最初の客です。でも、直ぐに次々お客さんが続きます。

土日限定の十割蕎麦を註文。相方、セイロ。私は天ぷら+セイロ。天ぷらの海老を一本、相方に進呈。

f0362073_17233345.jpg

これは、美味しい蕎麦です。十割ですが、蕎麦は、しっかり角をつけて打たれ、太さの揃いもよく、滑らかな食感。蕎麦の甘さも感じます。満足です。

メニューに店の名前の説明がありました。

蕎麦は、中国からサラセン人によってヨーロッパへ伝わりました。イタリア語で「グラーノ・サラチェ(サラセン人の麦)」といい、店名の由来となっています。蕎麦粉は、摩周産石挽、外二です。(要約)。


相方が、店備え付けの無料タウン誌を開いて・・・・・・・

―― 次は、ここ行きたい。JR野幌駅の側の「EBRI」。野菜・雑貨・スイーツがあるの。

―― ハイ。

方向的には、札幌に少し戻るのですが、時間はあります。野幌駅に隣接する赤煉瓦造りの工場を改造し、スイーツ、ラーメン屋、雑貨屋、アンテナショップなどが入っています。昼食時のためか、食事中の人が多い。

ここで、相方はスイートポテトを買っていました。

f0362073_17240196.jpg


f0362073_17241847.jpg


いよいよ本命「蔦屋」。

土曜の昼過ぎ、駐車場が一杯です。駐車場の一角でイベントが催されているせいもあるのかもしれません。

しばらくの間、駐車スペースを探すためにぐるぐる廻っていましたが、やっと駐車できて、ほっとしました。1時間別行動で店内散策することにしました。

私は、正直、この蔦屋は駄目です。こういう構造は、今風なんでしょうか。イオンのショッピングモールかドン・キホーテを連想してしまいました。人の多さ、ザワメキ、膨大な本の量に圧倒されて、手にとる気力も湧きません。蔦屋の建物の横に市の散歩公園があります。避難しました。

彫刻がありました。松隈康夫制作『環』と山谷圭司制作『冬のゆりかご』です。

f0362073_17251815.jpg


f0362073_17264422.jpg


松隈康夫は、札幌市石山緑地南ブロック基本設計及び制作に参画(彫刻家集団CINQとして)しています。


江別市にあった火力発電所に石炭を運んだディーゼル機関車と石炭の塊をを火力発電用に粉砕する巨大なミルです。

f0362073_17300250.jpg



写真はありませんが、最後は温泉です。

江別天然温泉湯の花 江別殿

住所 江別市野幌美幸町33番地

入浴料金440円+貸タオル220円=660円、入り放題。安い。

土曜の午後、混んでました。でも、浴場は広いのでノンビリできます。蔦屋での疲れを洗い流して、極楽極楽。長風呂好きの相方を待ちながら、大広間で一休み。

ノンアルビールとフライドポテトで水分補給。


以上、江別の旅でした。


# by hitoshi-kobayashi | 2019-07-17 08:00 | Comments(0)

f0362073_07494756.jpg

f0362073_07500809.jpg

f0362073_07503302.jpg

f0362073_07505638.jpg

f0362073_07511502.jpg

f0362073_07513666.jpg

f0362073_07520035.jpg

f0362073_08025907.jpg


f0362073_08031589.jpg


f0362073_08044091.jpg



八紘学園は札幌ドームの近くにあり、広い敷地には、畑や牧場があり、農産物直売場もあります。花菖蒲園は学生が管理しています。


f0362073_07522258.jpg

f0362073_07523878.jpg

f0362073_07525407.jpg

学校法人八紘学園 北海道農業専門学校

北海道札幌市豊平区月寒東214丁目134



# by hitoshi-kobayashi | 2019-07-15 08:00 | Comments(0)

今夜は、友人Tさん(男性)と久しぶりに一杯の予定日です。こんな時は、お馴染みの気楽なお店が一番です。「おごじょ」は、札幌市営地下鉄東西線西11丁目駅直結です。


店名 おごじょ

ジャンル 居酒屋

住所 北海道札幌市中央区大通西11-4大通藤井ビル B2F


何度か紹介していますが、私はこの店を気に入っています。

1730、現地集合。時間厳守の二人は、駅の階段でTさんと鉢合わせ。ビックリです。

Tさん曰く、「半年ぶり」。そんなに飲み会の期間が空いていていたのですね。

「おごじょ」は1500から開店しています。でも客が入り出すのは1800頃から。


店内、客は私達二人だけ。先ずビール。私からの質問で二人宴会開始。

―― 少し瘠せた? 最近走ってるの?

―― 全然、変わりません。明日朝、500から走り始めます。ダイエット開始。

―― それなら、今日は、ほどほどに・・・・・・・

―― ダイエットは明日からです! 今日はイイんです。

―― 大阪、行ってたんだよね。

―― G20サミットの仕事だったんです。

Tさん、通訳の仕事をしています。

―― 大阪で食べ飲みが楽しかったですよ。それで、体重は増えました。明日からダイエット。


Tさんとの何でもあり会話は、テーマがあちこち飛びながらの楽しい時間です。

お互いの好きな料理を注文します。そしてシェアー。



通しです。いぶりガッコとクリームチーズ。不思議な組み合わせだけど、今は定番の酒の肴です。

f0362073_09064259.jpg


大好きな小さな里芋のから揚げ。揚げたての熱いうちに食べましょう。

f0362073_09070058.jpg


鱒の天ぷら。

f0362073_09073318.jpg


鰺のから揚げ。身が厚い。コロモがサク、身がフンワリ。これは美味しい。

f0362073_09075934.jpg


鯖の味噌煮。どこで食べても、鯖の味噌煮は美味しい。たとえ缶詰でも、あなどれません。

f0362073_09084678.jpg


酒はキンミヤ・ハイボールに変わりました。このお店でキンミヤをオボエマシタ。

f0362073_09091195.jpg


麻婆豆腐です。山椒が少ないようですが、辛くて美味しい。合格。

f0362073_09093162.jpg


キンミヤの追加は、同じボトルに業務用18ℓから継ぎ足しです。

f0362073_09095683.jpg

―― これ、欲しいな。写真、撮っとこ。一家に一箱、キンミヤ焼酎。

―― 欲しいお客さん、たくさんいます。でも、みんなこれが家にあったら、飲み過ぎると言っています。


店が混みだしました。

f0362073_09102727.jpg


飲み始めの時間が早いので、この後もう一軒行くでしょう。いや、絶対行きます。
楽しい時間は過ぎるのが早い。

「おごじょ」、最高!


# by hitoshi-kobayashi | 2019-07-14 08:00 | Comments(0)