人気ブログランキング |

天気がいいので、北海道大学へ散歩に行きました。大学キャンパスは南北に細長く、中央に車道となる直線道路があり、その道の両側に研究棟、講義棟が点在します。学生の車走行が規制されているのか、学生が徒歩や自転車で移動しています。


最初の写真は、この車道の東側の歩道です。北から南を見ています。

f0362073_13541885.jpg


中谷宇吉郎教授の業績「人工雪誕生」(1936年)を記念した石碑です。

f0362073_13543529.jpg



中谷教授は、「雪は天から送られた手紙である」という言葉を残しています。雪の形を調べると上空の気象条件が解る意味ですが、ロマンチックな響きを感じます。中谷教授の人柄でしょうか。


石碑のすぐ近くに、狭いですがオオバナノエンレイソウの群生があります。


f0362073_13544867.jpg


イチョウ並木です。車道から東を見ています。イチョウの新葉が若々しい黄緑です。

f0362073_13551355.jpg


少し南下して、東側の講義棟の前に、八重桜のトンネルがありました。

f0362073_13591425.jpg


ポプラ並木です。車道の西側の講義棟の裏、農場の横に位置しています。

f0362073_13593270.jpg


その奥に、クロユリの群生地が再生されているのですが、まだ蕾でした。

f0362073_13595244.jpg


大きなしだれ桜。右の建物は私の好きな博物館。

f0362073_14000888.jpg


正門から入って突き当りの芝生です。一番南にあります。広々とした空間が清々しいですね。遠くの二人は、学生のカップルです。

f0362073_14002623.jpg


天気がいいので、歩きながら写真をバシャバシャ撮りながらの散歩でした。(撮影日:5月9日)

これからは、樹木の葉の緑が段々濃くなり、ライラック、ツツジ、石楠花、鈴蘭、クロユリが咲き出します。私の大好きな季節に入ります。楽しみです。



by hitoshi-kobayashi | 2019-05-11 08:00 | Comments(1)

大通公園のオウタムフェストは地震のため延期になりました。

f0362073_17032634.jpg


大通公園で咲いていた花たちです。

ムクゲ

f0362073_17034708.jpg


f0362073_17043438.jpg

サルスベリ

f0362073_17113708.jpg


地下歩行空間では、多分北海道電力の方でしょうか、節電を訴えていました。


札幌駅の4階で買い物をしました。

写真は4階から南に向いています。駅前広場から右奥に続く道路は、大通公園を横切りススキノ交差点を直進すると、中島公園にぶつかります。

f0362073_17050526.jpg


北大の構内の池(大野池)です。睡蓮が咲いていました。

f0362073_17054361.jpg


f0362073_17052533.jpg


大野池のすぐ横の木立の中で、エゾリスが餌を食えて走っていました。

f0362073_17063623.jpg

f0362073_17061427.jpg

f0362073_17144828.jpg




台風の強風で構内の大木の枝が折れました。片付け中です。

f0362073_17090669.jpg


北大近くの二軒の古本屋で4冊ゲット。

いずれ紹介したいと思います。


by hitoshi-kobayashi | 2018-09-12 08:00 | Comments(1)

外国人が訪れる札幌の観光スポットは、「レンガの旧道庁」・「時計台」・「大通公園テレビ塔前」、「狸小路」そして「北海道大学構内」です。

北海道大学は札幌駅のすぐ北にあり、札幌中心街から簡単に行けます。

徒歩でのキャンパス散策は自由です。毎日、大勢の観光客が訪れています。

私も負けじと思い立って、古い建物を中心に観光してきました。南から北へ歩いていきます。


正門、南門(旧正門)。南門は貫禄があります。南門からさらに南に向かうと、10分ほどで道庁です。

f0362073_13063255.jpg


南門の横にある守衛室、1904年建築。守衛室の右の芝生でエゾリスが一匹走り回っていました。

f0362073_13065567.jpg


正門からキャンパスに入り、歩いて間もなく低みがあり、川が流れています。天気のいい日には地元の人や学生が芝生に座ってノンビリ休んでいます。

f0362073_13102147.jpg

北大の前身で明治91876)年開校の札幌農学校初代教頭、ウィリアム・スミス・クラークの像。アメリカの詩人エミリー・ディキンソンと同郷とは驚きました。

f0362073_13105255.jpg


古川講堂、1909年建築。古河家寄贈。

f0362073_13111472.jpg


旧昆虫学及び養蚕学教室、1901年建建築。

f0362073_13114005.jpg


旧札幌農学校図書館読書室・書庫、1902年建築。

f0362073_13115848.jpg


旧北海道帝国大学農学部昆虫学標本室。1923年建築。

f0362073_13293800.jpg


キャンパスの真ん中を南北に通っている道路です。大動脈ですね。
この道の両側に各学部の建物が並んでいます。

f0362073_13125710.jpg


農学部です。1935年建築。

f0362073_13231074.jpg


総合博物館です。入館料は無料です。
私は博物館が大好きで、たまに覗きにいきます。好きな展示物は、恐竜の骨格。そして、古代トンボの化石。


f0362073_13234025.jpg

f0362073_13150126.jpg


ポプラ並木

野草園がポプラ並みに併設されてます。

大柄なオオウバユリが咲いています。あまりきれいだと思えないんですが・・・・

f0362073_13154393.jpg


イチョウ並木

右は、昨年秋10月の写真です。

f0362073_13174500.jpg

この辺りまでに歴史的建造物が集中しています。北大の前身は農学校なので、農学関係に古い建物が残っています。

キャンパスををさらに北に向かって15分ほど歩くと、昔の農場の建物や機械を展示しています区域があります。いつか、紹介します。


by hitoshi-kobayashi | 2018-07-16 08:00 | Comments(3)

天気がまあまあなので、少し長めの散歩をしました。

寒いからと外出しないと運動不足になります。できるだけ歩くことにしています。

札幌は雪が多いので、歩きにくいんです。舗道はザクザク、時にはツルツル。

舗道から車道に出るときが危険です。車道って滑るんです。

f0362073_17163559.jpg

車を運転していて、うっかりマンホールの雪穴に車輪が落ちることがあります。この写真のマンホールは交差点の真ん中です。

これが深い! 車輪が落ちたときのショックは相当なものです。ときには動けなくなります。

余談ですが、札幌はカラスが多い。嫌いです。毎年襲撃されます。


北海道大学の構内に入りました。

チョット気どって、こんな写真をとりました。

f0362073_17180925.jpg


f0362073_17182512.jpg


昨年末の大雪で枝が折れています。

f0362073_17190065.jpg

銀杏並木です。日曜日なので、車も人も少ない。

f0362073_17191554.jpg

クラークさんです。外国の方が記念写真を撮っていました。

f0362073_17194186.jpg


大通公園で雪祭の準備が始まりました。雪祭は2月上旬です。

自衛隊さん、ご苦労様です。

f0362073_17200996.jpg

ちなみに、2015年、2016年の雪祭の雪像はこんなんでした。

f0362073_17205533.jpg

精巧にできています。すごいですね。実際に見ると迫力がちがいます。

「進撃の巨人」は、夜になると目が光ります。

散歩の終点は狸小路のシアターキノで映画を観ること。

f0362073_17215602.jpg

昼時でお腹空いたので、映画を観る前に腹ごしらえ。映画館の向かいで昼食。

宗八定食500円です。ちっちゃい宗八カレイが三匹。でもリーズナブルです。

店の前でサンプルを覗いているのは、外国の方です。狸小路は外国人街ですね。

f0362073_17223372.jpg

映画の感想は後日。



by hitoshi-kobayashi | 2017-01-10 08:00 | Comments(0)

小学生の頃にイチョウが中国から渡来したことや、木に雌雄があることを知りました。

イチョウの葉が扇のような形をしている事が妙に気になり、押し葉にして栞がわりしていたこともあります。名前「イチョウ」の響きの良さと分かりやすい葉の形が、イチョウを「気になる木」としているのかもしれません。

イチョウが植わっていた場所の記憶がありません。当然、銀杏を拾った記憶もありません。

私が育った町には、イチョウが少なかったかもしれません。

いや、きっと記憶の衰えでしょう。

銀杏を最初に食べたのは随分後になってからです。おそらく20歳過ぎ・・・・。

茶碗蒸しの銀杏かな・・・・。これも記憶がはっきりしません。

ただ・・・「美味しい」と思わなかったのを覚えています。

北大のイチョウ並木に行きました。というより散歩の途中です。

葉はすっかり落ちています。

f0362073_16124272.jpg

ふと見ると、数人の人が木の根元で袋を持ち何かを拾っています。

一人のオジサンが長い細い(延長できるような)棒で梢を叩いています。

「銀杏だ!」「銀杏を拾っている!」

f0362073_16132251.jpg


並木に近寄よると、イチョウの根元から数メートル範囲に無数の黄色い銀杏が落ちています。

f0362073_16144303.jpg

スーパーの5円の大袋に半分以上の銀杏を拾っている人もいます。

辺りにチョット変わった匂いがします。これが銀杏の匂いかな・・・・。

並木を歩きながら根元をみると、銀杏の落ちていないイチョウもあります。

「ははあ・・・、こいつは雄だ。」

雄のイチョウ(だと思います・・・。)

f0362073_16151835.jpg

雌のイチョウの木(だと思います・・・・。)

f0362073_16170108.jpg


さて、拾った銀杏は果肉がついたままです。拾ったひとはどう処理するのかな・・・?

調べて、いつか報告します。

「美味しい」と思わなかった銀杏が、炒って塩をつけると酒に合うことを知りました。

「美味しい」と思う感覚は、年齢によって変わるんですね。

私は、果肉をきれいに処理した商品を買うことにします。


追伸

道庁の庭で写しました。

f0362073_16203619.jpg


by hitoshi-kobayashi | 2016-11-20 08:00 | Comments(0)

日が短くなって、午後5時ごろはもう真っ暗です。

札幌の街に出ていたので、ふと夜のイチョウ並木を撮ってみようと思い立って北大の構内へ。

夜外で写真を撮ったことがありませんので、少し不安でしたが・・・・

技術なんてありません。カメラまかせです。

外の風景をフラッシュで撮るのも初めてです。

三脚なんか持っていません。

自宅に帰ってからパソコンで確認するまでドキドキでした。

まあ素人が撮った写真です。笑ってみてください。

f0362073_07105592.jpg

f0362073_07113661.jpg


f0362073_07120826.jpg


まず、紅葉を撮ってみました。

f0362073_07144776.jpg
イチョウ並木です。フラッシュを使わなかったので、手ぶれをしています。ゴメンナサイ。
もっと黄色いはずなのに・・・・

f0362073_07164353.jpg

f0362073_07172210.jpg



f0362073_07185441.jpg

地面の落ち葉を撮ってみました。
f0362073_07194533.jpg



f0362073_07203368.jpg

今が見ごろでしょうか。

昨年の11月3日の写真です。いい天気だったんですね。

f0362073_07312506.jpg





by hitoshi-kobayashi | 2016-11-02 08:00 | Comments(0)

大都会札幌は、街中にとても広い植物園があり、季節に応じて様々な姿や花を楽しめます。

札幌市民は幸せですね。

ところで、寒い日でした。

先ず温室に行ってみました。

さすがに暖かい。花を探して写真を撮っているとだんだん汗ばんできます。

f0362073_05172199.jpg

春や夏に比べ花が少ないようですが、十分楽しめます。

写真の一番左上は睡蓮です。神秘的なブルーの色に動しました。

f0362073_05200041.jpg

左上は「シコンノボタン」ノボタン科ブラジルと札がありました。ですから「シコン・ノボタン」と読むのが正しいようです。「紫紺の牡丹」ではありません。

中央上、右上、左下は南国の花ハイビスカスです。

中央下は、なんとパイナップルなんです。右下もパイナップル科です。

PPAPが大流行りですね。二番目のPがパイナップルですよね。

ピコ太郎は、プロレスラーの馬場さんのように「APPLE]を「アポ」と歌いますが、あれギャクではなく正しい発音のようです。



ランです。季節のせいか、咲いている数が少ないんです。

f0362073_05275169.jpg

寒いんですが、外へ出て園内を散策しました。

何組か外国人のカップルに出会いました。カップルは寒くないんでしょうね。

出張中のような、仕事中のようなスーツ姿のオジサンに2名ほど出会いました。カメラを抱えています。オジサン達は寒そうでした。


この寒さの中、薔薇が咲いているんです。薔薇は年に春と秋に咲くそうです。

大柄な花はなく、慎ましい可愛い薔薇ばかりです。寒い風に揺れ、健気に感じます。

f0362073_05291041.jpg


f0362073_05302569.jpg

左の樹木は「グイマツ」の札がありました。「ぐい」とした大木です。

この松の立ち姿が好きなんですが、私の腕では写真でその良さが出せません。残念。

植物園の樹木は大木が多く、カメラのファインダーに入りきれない大きさに圧倒されます。

f0362073_05313021.jpg

植物園は北方系の樹木が多いようです。

大木の迫力のある黄金色の黄葉を楽しみました。


11月になりました。寒い日が続きます。

ブログを読んでくださっている皆さん、風邪などひかないようにお気を付けください。










by hitoshi-kobayashi | 2016-11-01 08:00 | Comments(0)

長い間改修工事をしていた「北海道大学総合博物館」が開館しました。
外観は変わっていないんですが、展示内容が充実したことと、管内に休憩できるカフェがオープンしました。
f0362073_56298.jpg

最近の北大は、大勢の外国人が観光で訪れますし、子供連れの家族も大勢来ています。
学外の人がこんなに多く来場する大学も珍しいと思います。
博物館は、北海道大学を歴史、学部の紹介、博物の展示などで立体的に紹介しています。
展示では恐竜の展示室が子ども達に大人気です。
私でさえ、こんな大きな恐竜が地球の上を歩いていたかと思うと、頭の中は古代に逆戻りして、パノラマのように空想が広がってきます。
f0362073_572346.jpg

f0362073_581833.jpg

博物館の中央にアインシュタイン・ドームと云う素敵な吹き抜けの空間があります。
そのドームの四方の壁にレリーフが飾られていて、それぞれ「果物=朝」、「向日葵=昼」、
「こうもり=夕」、「ふくろう=夜」を表しています。研究・教育には昼夜関係ないという意気込みの表現です。
f0362073_511141.jpg

f0362073_5191360.jpg

f0362073_5193499.jpg

f0362073_5195827.jpg

f0362073_5203566.jpg


北大の各学部の紹介も充実しています。
f0362073_5115938.jpg

これは、北海道についていろいろな質問に答えるゲームです。
問題のテーマと難易度が選択できるのです。
私は食べ物の一番難しいのを自信満々で選んだのですが、全滅に近い成績でした。
後ろで子どもつれのオカアサンが笑っていました。
f0362073_5132221.jpg


実は、博物館でこの化石が大好きなんです。
改修前に一度来ているんですが、そのときに見つけ、今回も探してみました
f0362073_5142953.jpg

古代トンボです。羽まできれいに化石で残っているんです。
別な種類の古代トンボは全長70㎝もあったそうです。
これは15㎝くらいで、今のトンボに近いですね。

博物館は夢と空想が広がる素敵な場所です。

追伸
知り合いのスプーンコレクションの一部です。
素敵な趣味ですね。
f0362073_5282541.jpg

f0362073_5284023.jpg

by hitoshi-kobayashi | 2016-08-08 08:00 | Comments(0)