人気ブログランキング |

店名 祭寿司

ジャンル 寿司、立ち食い寿司

住所 北海道札幌市中央区南3条西6 狸小路市場


お寿司って美味しいですよね。

祭寿司は、狸小路6丁目から南3条に抜ける狸小路市場にあります。

狸小路は、6丁目から西に10丁目に向かってと進むと、だんだん飲食店が多くなります。そして、ディープになっていきます。

狸小路市場は美味しい気になるお店が並んでいて、最近人通りが増えています。


「祭寿司」は、入口のガラス越しに見ると、いつも満員で、「いつか入りたいな」と思っていました。


f0362073_23282508.jpg

f0362073_23284731.jpg

店の前を通り、ひょいと空いているのを見て、「おおし! 寿司だ!」と勇んで入りました。

店内は狭く、怖そうな大将が「Ⅼ」字のカウンターを拭いています。

店内はすでにカップル1組、東京から「北海道を食べるぞ」と意気込んできているお姫様三人組が、大将の片づけが終わるのを待っていました。

店内は我々二人を入れて7名で満席です。

f0362073_23293846.jpg

大好きサッポロ赤星で喉を潤し、大将の握りをワクワクしながら待っています。ネタが入っているケースを覗くと、これは期待できそうです。

f0362073_23311467.jpg


「芽ネギ」、「こはだ」、「しめさば」の順番がオジサンの寿司でつまむ定石です。

f0362073_23334272.jpg

「ふーむ、こいつは美味い!」

「こまいの子の軍艦」が珍しく、当然注文。

f0362073_23341156.jpg

初めて食べた相方曰く、「とびっこよりおいしい!」

大将が、「メニューにないけど」と、言いながら「クジラの尾の身」を勧めるので、勿論注文。大将は怖い人ではありませんでした。
クジラはとても淡白で、マグロの赤身の感じです。初め食べた相方も感動です。
左はキンキです。少し炙ってあります。これもメチャ美味しい。

f0362073_23350630.jpg

ビールから白ワイン(ヴィオニエ)に変わりました。ばっちり寿司に合います。寿司屋のワイン、素敵ですね。寿司の味を邪魔しません。

f0362073_23365330.jpg

巻物は、唐辛子の醤油漬けを注文。これが美味しいんでビックリ。

f0362073_23373952.jpg

他にもいっぱい食べたんです。

特に、相方は一口で食べれきれない大きなホタテの握りにご機嫌です。

いやいや、立ち食いの寿司を侮ってはいけません。

大満足です。

ところで東京のお姫様三人組は、寿司屋に来る前に「ジンギスカン」をやっつけてきたそうです。

意地悪オジサンは、「ジンギスカン・寿司の後はラーメンかい? スープカレーかい?」と、突っ込みを入れておきました。


by hitoshi-kobayashi | 2017-09-24 08:00 | Comments(0)

この日の午前中、中央区役所に転入の手続きに行きました。窓口の担当の方はとても親切で、スムーズに終了しました。

f0362073_16423184.jpg


店名 河童鮨 かっぱずし

北海道札幌市中央区南三条西10丁目

f0362073_16425352.jpg


お昼なので食事をどうするか迷っていると、ランチタイム、生ちらし650円、ジャンボ鮨650円の看板にひかれました。

f0362073_16431841.jpg


同じ内容の黄色い看板が二つ並んでいるのはインパクトあります。テレビのCMを二度続けて流す効果に似ているかもしれません。

狸小路は、アーケードがない辺りから西がディープな雰囲気になります。

河童鮨は、狸小路一番西端10丁目の南側にあります。

昭和を感じる店構えです。どんな店でもはじめて入るときは緊張します。

店内も昭和の雰囲気いっぱいでした。

店内は、カウンター6席、小上がりの4人掛けテーブルが三台で広くありません。

高齢の大将がカウンターの向こうで握ってくれます。

既にカウンターに二人のお客が生ちらしを食べていました。

私は、ジャンボ鮨を注文。

大将の目の前だったので、写真を撮り損ねました。

シャリもネタも大きめです。シャリはやや丸い握り方です。

順次握ってくれます。

7~8貫の握りと、キュウリの漬物を巻いた海苔巻き一本分(4個)。

お吸い物はなぜか素麺入りです。

650円は安い。お腹がいっぱいになります。

リュックを背負ったオジサンが入ってきました。

戸を開けるなり、「やあ、いつもの・・・」とだけ言ってカウンターに座りました。

常連さんでしょう。

いいお店を見つけました。

大将がいつまでも元気で握って欲しいですね。

12時過ぎると、きっとランチ目当てのお客が大勢来るんでしょうね。


次回は生ちらしに挑戦です。


by hitoshi-kobayashi | 2017-04-16 08:00 | Comments(0)

昼食時、札幌駅にいました。

ふと昼食はお寿司と洒落てみてもいいかなと思い立ち、寿司屋探し。

なんとなく、いつもの『回るお寿司』でないお店にしようと、意味不明の決心をしました。

たどり着いた二軒のお寿司屋さんは、いつになったら食べることができるか不明なくらいの長蛇の列。

意外とないんですね、お寿司屋さんは。

店は見つからないし、お腹は空いてくるし、空腹は精神的にいらいらさせるし、・・・。

残りの希望は、「大丸デパート」の8階です。

『すし善 大丸』

住所 札幌市中央区北5条西4丁目 大丸札幌店 8階

f0362073_08272320.jpg

f0362073_08273748.jpg


13時を過ぎたためか、すっと案内され、テーブル席に座りました。

ホール回りの女性はにこやかで感じいいですよ。

「すし善」は円山に本店があり、札幌では高級なお寿司屋さんとして有名です。

勿論、初めてです。

f0362073_08281568.jpg

ランチメニューから「すずらん」1,600円(?)を注文しました。

この価格では安いなと感じさせる、さすがなネタの握りです。

f0362073_08283859.jpg

私の好みとしては、「少しシャリが大きいかな」と思いましたが、お腹が空いているのでパクパクいっちゃいました。

お寿司屋さんの選択肢が一つ増えました。


食後、地下の食品売り場を冷やかしていると、鮮魚コーナで小さなビンに入れた、生きたクリオネが置いてありました。

勿論売り物ではありません。珍しいですね。

f0362073_08290519.jpg

小さくて写真が上手く撮れなかったのですが、雰囲気で我慢して下さい。

クリオネは巻貝の一種だそうです。


by hitoshi-kobayashi | 2017-01-29 08:00 | Comments(0)

普段、お寿司はスーパーか回転ずしで間に合わせるのですが、お祝い事なのでチョット頑張ってみました。


店名 鮨一 (すしかず)

ジャンル 寿司

住所 北海道札幌市北区北二十四条西19-4-14

f0362073_11274923.jpg


主賓の誕生日は少し先なのですが、お祝い事は早めでも問題なしです。

最初はビールで乾杯。

お刺身はお店の職人さんにおまかせしました。説明はいりませんね。

ただ、あん肝ができ立てで暖かく、絶品でした。

f0362073_11282329.jpg


f0362073_11285036.jpg


f0362073_11291136.jpg

ビールの次は白ワイン。

一種類しか置いていないとのことですが、お寿司によく合います。

f0362073_11293546.jpg

握りは、主賓が好きなものを注文しました。

職人さんがこちらの食べるスピードに合わせて料理を出してくれます。

主賓は食が細い人なんですが、一貫(一個)ずつなので、ついつい食べてしまうようです。

シャリも小さく、とても食べやすいんです。

主賓は何故か「マグロ」が駄目なんです。珍しい人です。

最後のマグロは、私が食べました。

f0362073_11300849.jpg

職人さん、お店の皆さんがとても気を使ってくれるので、外は寒いのですが、温かい気持ちで店を出ました。

このお店は、街から少し離れているのですが、いつも満員です。

予約をお勧めします。。


by hitoshi-kobayashi | 2016-12-03 08:00 | Comments(0)